使い方を知らない人必見!dTVの料金体系、利用方法を解説!

   2016/05/19

Pocket

23d30df19103730199587c87af8ddff4_m

現在、日本では様々な会社によって動画配信サービスが展開されています。携帯電話やスマートフォンでお馴染みのdocomoもまた、定額での動画見放題サービス「dTV」にとても積極的に取り組んでいます。

コンテンツが良質なだけでなく、料金も安いため評判はかなりいいですね。ただ、そもそも料金体系はどうなっているの?使い方はどうなの?と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

ということで、この記事ではdTVの基本のシステムについて詳しく説明したいと思います。料金体系や視聴方法について詳しく見ていきましょう。

dTVの料金体系を解説!レンタルと見放題があります!

まずは料金体系について詳しく見ていきましょう。
 

dTVの月額とその安さ

dTVは基本的には月額式で見放題で、月額500円(税抜き)で利用することができます。つまり、月に500円払えば動画をYou Tubeのように自由に何回でも見れるわけです。

比較せずとも「安い!」とは感じると思いますが、比較してみるとより「すごい」ことがよくわかります。

例えば、U-NEXTには1000円分のポイントが毎月配布されるというシステムですが、結果として毎月およそ2000円を支払う必要があります。

比較的安いHuluの月額料金も、税込価格では毎月1000円を少し上回ってしまいます。Netflixの場合は、650円(税抜)から、様々なプランを選択できます。

これらと比較すると明らかに安いことがわかるでしょう。

>>料金が安い動画サービスランキングを見る

なお、作品数が12万以上を謳っており、料金だけでなくコンテンツとしても他社のサービスに劣っているということはありません。

dTVのコンテンツについては詳しくは「dTVのラインナップの特徴とは?」の記事に書いていますので、興味があればそちらをご覧ください。
 

レンタルもあって便利です!

dTVは月額見放題に加えて、別料金で視聴できる「レンタル」の仕組みもあります。

U-NEXTをご存知の方は、そちらとほとんど同じような料金体系と思っていただいていいでしょう。

>>U-NEXTの料金体系について見る

この「レンタル」作品は主に新作映画や非常に人気の高い映画、dTVオリジナル作品の一部が対象となっています。そして、個別の作品に料金が指定されていて、その指定の料金を支払うことで視聴できるようになっています。

ほとんどの動画配信サービスでは、見放題で新作や非常に人気の高い映画は用意されていないケースもありますので、なかなか便利のサービスと言えるでしょう。

では続いて、dTVを見る方法について詳しく解説させていただきます。
 

dTVの視聴方法と使用できるデバイス!

7624c13b682f5ce554c5c1cc35115f5d_m

dTVを見るためには、基本的には

  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン

 
で視聴可能となっています。これらの機器でdTVのサイトにログインし、それから好きな動画を選んで視聴するという形です。

他にも一部のテレビでも視聴可能となっています。

  • NexusPlayer
  • Chromecast
  • Apple TV
  • ひかりTVチューナー

 

なお、スマートフォンとタブレットの場合のみ、動画をダウンロードしてオフライン視聴を行うことも可能となっています。

パソコンなどの対象とならないデバイスではオフライン視聴はできませんので、注意しましょう。

最後に、dTVを利用する上での注意点について触れておきたいと思います。

 

dTVを利用するうえで注意したいこと

最後にdTVを利用するうえで注意する点についてお伝えしましょう。
 

レンタルの動画には注意!間違えて使わないように!

先ほども説明したことともかぶりますが、注意点はラインナップの中に「レンタル」の商品が存在していることです。

「レンタル」制の動画は見放題の動画のリストからは分かれて掲載されているため、大人の方が利用するに当たって見間違えることはまずありません。

しかし、お子様がdTVで動画を見ようとした際に誤って購入してしまう事態が想定できます。

レンタル制の作品の中には、ディズニー作品のような子供向けのものも多く含まれていますので、家族で利用する際は十分注意することをおすすめします。

 

オフライン再生はスマホとタブレットのみ!ダウンロードの際は要注意!

こちらも先ほども説明しましたが、オフライン再生に対応しているのはスマートフォンとタブレットのみであるという点に注意が必要です。

dTVはPCではオフライン再生に対応していません。

そのため、外出先でスマートフォン以外の端末から動画を見る際は、スマートフォンからテザリングを行ったり、あるいはWifiスポットに接続するなどの方法で、端末をオンラインの状態にする必要があります。

 

無料期間は31日間のみ!それ以上は無理です!

最後の注意点は無料期間についてです。

dTVでは入会から31日間の無料体験期間が設けられています。この無料期間を活用して、dTVが自分にあっているかを見極めることができます。

これを目当てに使おうと思っている方もいらっしゃるでしょう。

ここで注意しておきたいことは、「31日間」だけの無料期間であるということです。

これを過ぎてしまうと、自動で料金が引き落とされる仕組みであるため、万が一自分には合わなかったという場合は忘れずに解約手続きを済ませましょう。

無料期間を過ぎても十分に使う価値のあるサービスですが、「必ず無料じゃなきゃ嫌だ!」という方は覚えておきましょう。

>>dTVを無料体験する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。